×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


錬金術師の助手

有内 毎晩


 別段、特に不思議な話では無いのだが、人は死ぬのだ。

 誰かがそれを運命だと言った。自然的に、必然的に、人は死ぬのだ。そういうものなのだ。前提の話である。それを覆そうなどとは、それこそコペルニクス的転回。否、それは少し例えとして適切では無い。コペルニクスは成功例である。長らく支配していたプトレマイオスのセオリーを打ち破った模範例。

 要するに、現代において不死などという事象を夢見るのは、愚者のすることであるのだ。

 






続き→